学資保険の目的

学資保険の目的について紹介したいと思います。学資保険は教育資金をためるための保険だということはご存知の方も多いと思いますが、もっと掘り下げて学資保険の目的を紹介していきましょう。学資保険の目的は先ほど紹介したように、将来の子供にかかる資金を積み立てておくことが一番の目的です。そしてほかにも、もしも親に万が一のことがあったときに教育資金を確保することもできます。そして、子供に万が一のことがあったときには、死亡や医療保障がついているタイプのものもあります。高校に入ったときや大学に入ったときというのはかなり高額の入学金、授業料などが必要になってきますが、その時のお金を子供が小さい時からきちんと積み立てておけばその時になってあわてなくて済むというのが学資保険の一番の目的です。

 

学資保険を子供の貯金と考えている場合には、親に万が一のことがあったときに、いく英年金がもらえる学資保険は親が生命保険に入っているときには、あまり必要はないかもしれませんし、子供の医療保障も、こども保険などに加入していればそれほど必要のない補償になるかもしれません。ですから学資保険については中身をよく考えて加入すると目的にあったものに加入できるのではないでしょうか。

学資保険の特徴

学資保険の特徴を紹介したいと思います。学資保険の特徴というのは、まずは貯蓄性が高い保険であることですね。返戻金が100パーセントに近いということも特徴の一つではないでしょうか。そして子供の教育資金についても、学資保険に入っていればきちんと小さいうちから積み立てが可能ですから将来的に考えても安心です。そして子供が決められ多年齢になれば祝い金をもらうことができますし、満期額資金ももらえます。保険契約者である親が万が一死亡したり重度障害になればそれ以降の保険料は免除になりますが満期額資金、祝い金はそのまま受け取ることができます。

 

学資保険では保険契約者の親が死亡したり、重度障害になったら、いく英年金が満期までもらえることもありますが、このタイプは、学資保険に加入している保険会社によって違っていることがあります。そして子供の医療保障や死亡保障がついているタイプの学資保険もありますから子供のためにかける保険としてはかなり充実している保険になるのではないでしょうか。学資保険の特徴はこのような特徴になっていますが、一般的に、やはり前持って教育資金をためることができるというのは安心して将来の準備につながりますから学資保険に加入していれば安心です。

学資保険の満期受領額

学資保険の満期受領額について紹介したいと思います。学資保険の満期受領額ですが、学資保険を選ぶ時に満期の時期についても大切なポイントではありますがやはり受け取れる額というのも重要なポイントではないでしょうか。学資保険を選ぶ時にはこの両方に着眼した方がいいでしょう。満期のときに受け取れる額は、学資保険の契約の中身によって違いますが、200万円から500万円の範囲内でどれも設定されていることが一般的です。学資保険の貯蓄性や保障などの内容、そして特約などによっても若干の受け取れる額というのは変わってくると思います。

 

学資保険の受領額は高ければ高いほど、毎月の支払金額も高くなるわけですが受領額は支払い金に比例して大きくなることもあれば小さくなるということもあるということを覚えておいた方がいいと思います。たとえば、学資保険の保障面が充実している保険というのはそれだけ支払ったよりも受領額は少なくなります。逆に貯蓄型でたくさん貯めて、受領額支払ったよりも上回ることはありますがその分保障が全くついていないということもあるのです。学資保険の満期受領額についてはきちんとチェクしてから選ぶようにした方がいいでしょう。